時間と料金について
 

No.373の記事

ただ共にいる

あるお母さまがおっしゃいました。

私は無力だな。
馬を水辺に連れていくことはできるけれど、
水を飲ませることはできない、という諺がある。
そのとおりだな…。

自分はなんて無力なんだろう。


無力だからこそ、
ただ共にいる。

それだけで
いいんですね。